ホワイトニング治療のメリットとデメリット

ホワイトニングの種類

Permalink

ホワイトニングには、大きく分けて歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングとに分けられます。オフィスホワイトニングは、専門の医師によって施術が行われるため、より安全で確実な効果が期待できます。漂白効果のある薬剤を歯に塗布し、漂白効果を促進させながら行うのが一般的です。

一方でホームホワイトニングは、まず歯科医院で歯にあったマウスピースを作成してもらい、そこに薬剤を注入して装着するという方法で行います。事前の説明や準備のために初めは歯科医院へ足を運ぶ必要がありますが、その後は通院の必要がなくなるため自分のペースでホワイトニングを行うことができます。

いずれの方法も保険が適用されません。費用はオフィスホワイトニングが2~7万円程度と歯科医院によってばらつきがあります。また、一般的にはホームホワイトニングの方が費用が抑えられる場合が多いです。マウスピース作成に1~3万円程度がかかり、その後は薬剤代が月に数千円~1万円程度が必要となります。

他に市販品でホワイトニング専用と謳った歯磨き粉が売られていますが、日本では漂白成分の添加が禁止されています。そのためホワイトニング専用歯磨き粉には歯を漂白するという効果はなく、汚れを落としたり着色を防ぐといった効果があります。研磨剤が多く入っていることもあるので、歯を白くしようと強く磨きすぎるとかえって歯を傷つけてしまう恐れもあります。使用の際には注意が必要です。

歯を白くするホワイトニング治療

Permalink

歯の治療には、虫歯や歯周病など通常の治療に加えて「歯の美しさ」をプラスしたものがあります。そのような治療は審美歯科治療と呼ばれ、歯を白くきれいにしたり、歯並びをきれいにしたり、歯茎の色を改善したりするなど、口の中を健康的で美しく保つことを目的として行われます。

歯の色を白くするには、歯の表面の色素や歯石を除去するクリーニングと、歯の色を白くするホワイトニングがあります。クリーニングは歯の表面についている汚れを落とすもので、汚れがひどい場合はそれだけでも歯を白くする効果はあります。しかし、元の歯が変色していたりする場合、クリーニングだけでは十分に白くすることはできません。変色してしまった歯そのものの色を白くするのがホワイトニングで、漂白やブリーチングと呼ばれることもあります。

ホワイトニングは、過酸化水素と呼ばれる薬剤を使って歯を白くします。ホワイトニングは自宅で行うものと歯科医院で行うものがありますが、いずれの場合も保険適用外となり自費での治療となります。このような方法で行うホワイトニングは、個人差はあれど歯を白くする効果が望める一方で、様々なデメリットも存在します。また、一度治療をしたら終わりではなく、白くした歯を放っておくと歯の色はまた元に戻ってしまうので、効果を持続するためのメンテナンスが必要になります。他にも、入れ歯や差し歯といった人工の歯にはホワイトニングを行うことはできないという点にも注意が必要です。