Archives

ホワイトニングのデメリット

Permalink

ホワイトニングにはデメリットもあります。まず、歯を白くした効果は永続的なものではなく、通常半年から1年半ほどで歯の色が元に戻るとされています。効果を長持ちさせるためには、色素の付着を防ぐための歯磨きを行うことと定期的なクリーニング、そして年に1~2回程度のホワイトニングを行うことが効果的です。

一時的に知覚過敏が起こる場合もあるという点も、ホワイトニングのデメリットです。歯の表面にひびや傷がついてエナメル質が薄くなっている部分があると、そこにホワイトニングの薬剤が刺激となって歯がしみるといった症状が起こる可能性があります。ですが、こういった症状は一時的なもので長続きはしません。

詰め物や被せ物、入れ歯や差し歯といった人工の歯は、ホワイトニングすることはできません。ホワイトニングの施術後に、その色に合わせて詰め直さなくてはなりません。また、歯に大きな亀裂がある場合や虫歯が大きい場合などは、ホワイトニングの前にまずその歯を治療しなくてはならないこともあります。

歯を白くするための方法は、ホワイトニングの他にもラミネートべニアセラミッククラウンといった方法もあります。いずれにしろ、歯を白くすると自分の表情に自信が持てるといった効果もあります。歯の美白に興味のある方は、自身の予算や都合に合わせて選びましょう。ちなみに、大阪のホワイトニング治療院では、白くする歯の本数を自由に選べる治療方法があります。1本500円~とリーズナブルな価格なので、前歯だけ白くしたい人や予算に自身が無い人には嬉しい情報でしょう。こうした、患者に寄り添うクリニックも沢山ありますので、下調べには時間をかけて、より安く、そして信頼できる歯医院を探して下さいね。

ホワイトニングの長所

Permalink

ホワイトニング治療は、いくつかの長所があります。まず一つは、短い時間で確実に歯を白くすることができる点です。オフィスホワイトニングの場合は一度の施術時間はおよそ1時間ほどで、通院回数には個人差はありますが、1回で済む場合もあります。ホームホワイトニングであれば、数週間から1か月ほどかかると言われています。

歯を削ったり抜いたりすることがないので、歯への負担がかからない点もホワイトニングの長所です。物理的なダメージの他に心理的な負担も軽く済むため、納得がいくまで何度も施術を受けることができます。ホワイトニングに使う薬剤の主成分の安全性は米国食品医薬品局でも保障されているものなので、安心して施術を受けることができます。回数を調整して歯の色調や明度を調整することも可能です。

ホワイトニングを受けた後の注意点としては色の濃い飲食物や喫煙を避けるという点があります。ホワイトニングの施術直後は、歯の表面を覆っている膜がはがれている状態です。この膜がはがれている間は歯に色がつきやすい状態となっているため、色のついたものを口の中に入れるのは避けた方が良いです。この膜は半日から1日ほどかけて再生されるので、その間は注意が必要です。白い食べ物や色の薄い食べ物がおすすめです。